Lotus Songtext
von ReoNa

Lotus Songtext

この手首 切り刻んで
値段のつかないバーコードを書いた
もうどこにも並ばないまま
廃棄されるのを待っていた

爪や髪を切る度に すり減る自分が愛しくて
皮膚も肉も骨も邪魔に思えたよ
枯れ葉が水面に落ちて やがて沈んでくように
消えてしまえたなら

そんな悲しみも歌にして
奏でれば そっと開いた 蓮華の花
こんな汚れた泥のなかで
ずっと沈んだまま 眠ってたのに
どうしてだろう ああ 綺麗な色

大好きだった絵本の
最後のページは破り捨ててしまった
幸せな物語を
読み終わらずに済むように


小さな頃を思い出す度 いつも曇り空ばかり
いま思えばよく晴れてたのかな
曇ってたのは空かな 私の瞳なのかな
どっちでもいいけれど

ずっと隠してた傷口を
癒せる薬はどこにも無かったけど
こんな汚れた痛みの中で
そっと萎れないまま そばにいたんだね
ねえそして 花は咲く 魔法みたいだ

ほんの少し背丈が伸びたり
あの頃より髪が伸びたり
手首の皺は今でも残るけど
破り捨てた絵本のページの
続きを思い描いてみたり
少しだけここにいてもいいと思えたよ

たった一つ もし願えるなら
この花をどうか ねえどうか
枯らさずいれますように

どんな悲しみも歌にして
奏でれば そっと開いた 蓮華の花
こんな汚れた泥のなかで
ずっと沈んだまま 眠ってたのに
どうしてだろう ああ こんなに綺麗な色
見えるかな ほら こんなに綺麗な色

Songtext kommentieren

Schreibe den ersten Kommentar!
Diese Website verwendet eigene Cookies und Cookies von Dritten um die Nutzung unseres Angebotes zu analysieren, dein Surferlebnis zu personalisieren und dir interessante Informationen zu präsentieren (Erstellung von Nutzungsprofilen). Wenn du deinen Besuch fortsetzt, stimmst du der Verwendung solcher Cookies zu. Bitte besuche unsere Cookie Bestimmungen um mehr zu erfahren, auch dazu, wie du Cookies deaktivieren und der Bildung von Nutzungsprofilen widersprechen kannst.
OK