Songtexte.com Drucklogo

N Songtext
von NakamuraEmi

N Songtext

あなたの応援歌を書くことになると思って 飛行機乗って会いに行ったら
あなたの応援歌を書くつもりだったなんて 百万年早いことがすぐわかった

綺麗なネイルに負けないくらい 綺麗な柄の右足を持ち
凛々しい顔で走り抜けたと思ったら
ベールに包まれているようなことも どんどんひっぺがして
太陽みたいに笑う人でした

「不謹慎かな わきまえなきゃ 傷つけてしまう 助けてあげよう」
距離もわからず 近づきもせず
点字ブロックに平気で立ち 会話 階段 買い物の不便
自分がそうならないと考えもしない日常


私の体は自由がきくから 当たり前に生きてきたけど
あなたの体は不自由もあるから 生きることを考え続けた

あなたが跳べば見える生き様 あなたが笑えばうつる笑顔
飛行機で日本中ばら撒いたら 見たことない花が咲くだろう
男と女分かり合えるのは 手を繋いでそばにいるから
母と子が分かり合えるのは 毎日「いただきます」言うから
障がい 健常 区別 差別 話さなくちゃわからない
親切 正義 同情 自己満足 触れ合わないとわからない
盲目の若者とお婆さん 残り1席はどちらに譲る?
日本は迷うかもしれない
今日だって新たな命が 大事に大事に生まれてくる
私達どんな日本を用意できる?

あなたの応援歌を書くつもりだったなんて 百万年早いことがすぐわかった

Songtext kommentieren

Schreibe den ersten Kommentar!

Übersetzung

Beliebte Songtexte
von NakamuraEmi

  1. I

Quiz
Wer singt das Lied „Haus am See“?

Fan Werden

Fan von »N« werden:
Dieser Song hat noch keine Fans.
Diese Website verwendet eigene Cookies und Cookies von Dritten um die Nutzung unseres Angebotes zu analysieren, dein Surferlebnis zu personalisieren und dir interessante Informationen zu präsentieren (Erstellung von Nutzungsprofilen). Wenn du deinen Besuch fortsetzt, stimmst du der Verwendung solcher Cookies zu. Bitte besuche unsere Cookie Bestimmungen um mehr zu erfahren, auch dazu, wie du Cookies deaktivieren und der Bildung von Nutzungsprofilen widersprechen kannst.
OK