Songtexte.com Drucklogo

Fastening Songtext
von ZUTOMAYO

Fastening Songtext

弱気になる最寄の雨
日々飛び散る血を滲ませてく
権利を武器に変えて争うほど
心を失うこと受け入れる 覚悟なら

自然に
誰かの為に引き換えに手放せば
いま自分が
生きてゆく意味になれてゆくの

怖がることはもう一回
惑わされてくなら
頭でっ価値 ずっとうんと砕いてもっと
乱してあげて

脳みそ達止められない 操れない僕に
期待したいんだ
切り刻まれ この皮膚に従うほど
無敵になれた


時が経てば 自然に
忘れゆく悲しみをいつまでも
思い返して
背負うことで戦えるの

例え否定しかしない誰かを
正義まで押し付ける客観を
見逃しは出来ないけど
響かないから

同調したって中身無くて
正しさが正しくなれないほど
簡単に僕らを表せないように
お口直しを

怖がることはもう一回
惑わされてくなら
頭でっ価値 ずっとうんと砕いてもっと
乱してあげて

脳みそ達止められない 操れない僕に
期待したいんだ
切り刻まれ この皮膚に従うほど
無敵になれた


怖いよ
何も感じない 苦しみを 探し求め
我に帰ってく
ひたすら 噛み締めた 恨みは
くだらんか? ううん
助かれ

怖がることを金輪際
迷いに負けるなら
頭でっか血 ずっとうんと砕いてもっと
乱してあげて

奇想天外止められない 操れない僕に
期待したいんだ
切り刻まれ この皮膚に従うほど
無敵になれた

Songtext kommentieren

Schreibe den ersten Kommentar!

Beliebte Songtexte
von ZUTOMAYO

Fan Werden

Fan von »Fastening« werden:
Dieser Song hat noch keine Fans.